彫刻教室の発表会?展覧会?をやっていたので観てきました。

仏像彫刻の展覧会というか発表会がやっていたので、見に行ってきました。

 

上手な人から、これはまだまだだなっていう方のまで幅広く展示されていて、彫刻の勉強になりました。

 

こうした発表会みたいなイベントは、全国でやっていると思うので、仏像彫刻を趣味で始めてみたいという方は、こうしたイベントをチェックして見学すれば、参考になるのではないでしょうか。

 

私が行ったところは、100体ぐらいはあるようなところだったので、一時間ぐらい、じっくりと他の方の作品を見ることができました。

 

こうした発表会のイベントを見に行くことで、私にも仏像彫刻ができるんじゃないかと考えることができるようになるのではないかと思います。

 

仏像の表面を見ると、彫刻刀の切れ味の良し悪しが、よく分かり、さらに彫刻刀を研ぐことが大切なのだと理解できました。

 

やはり、彫刻刀のメンテナンスを、しっかりされている方の仏像の表面は、ツルッとしていて、きれいに仕上がっていると感じました。

 

彫刻刀は、切れ味が悪くなると、木の表面がザラザラとしだします。そうなると、細かい作業ができなくなります。そうした状態になれば、私は、彫刻刀を研ぎます。

 

他にも、他の方が彫った仏像を見ていると、目や口を左右対称に配置するのは、かなり困難なんだなと感じました。しかし、そういった状態も、その方独特の表現につながっているとも思えました。

 

人でも、完璧に目や口の大きさや傾きが左右対称ではないという方もいらっしゃることを考えると、仏像でも左右対称でなくても、自然なことなのかなとも思います。そういった意味で、左右対称でないことが、その仏像の「味」になっているのではないでしょうか。

 

こうした仏像彫刻の展覧会や発表会のイベントを見つけるには、インターネットで調べたり、お住まいの地区の近くで彫刻教室を開催しているサロンや文化センターの広報をチェックするとよいでしょう。サロンや文化センターで案内されているでしょう。

 

仏像教室に通っていない方でも、無料で観覧OKなところが多いと思います。ですので、積極的に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめピックアップ

スポンサーリンク