仏像彫刻を始めたきっかけは

私が仏像彫刻をはじめたきっかけは、定年後これから老人になっていくことでボケるかもしれないと思ったからです。ボケ防止のために仏像彫刻をはじめました。

水彩画とか習字とか他にも趣味、ボケ防止になるのをやったけれど、仏像彫刻が一番のめりこむ感じがします。いろいろ趣味でできそうなのを試してみて、仏像彫刻に一番興味をもてました。

本を見ただけでは、できませんでした。そこが面白いなと思ったわけです。実際に先生に教えてもらわないとできないと思いました。それで仏像彫刻の教室に通うことにしました。

仏像彫刻の仕方などの本を見ただけで、独学でするには私の場合難しかった。

実際の彫り具合など、本に載っている仏像の写真だけでは分かりにくいんです。仏像彫刻の先生が実際に彫っているところや、実際に彫られた仏像を肉眼で見ると、どう彫ったらいいのかが理解しやすい。また、先生の彫り方の指導があるので、分かりやすい。

【おすすめピックアップ】


▲ページの一番上へ

定年後、仏像彫刻を趣味とする項目一覧

 仏像彫刻と教室について
 彫刻刀について
 私が仏像彫刻について思うこと
 通信講座

▲ページの一番上へ