定年後、仏像彫刻を趣味とする。

私が仏像彫刻について思うこと記事一覧

教室に来ている人は、みんな仏像を見に行ったりしているみたいですね。私は時間がないので見に行くことはないです。でも、やっぱり、本物の仏像を見てまわったほうがいいのではないだろうかとは思います。お寺にあるような仏像を、彫刻の参考にするために見るっていうのもいいですが、仏像を彫るための参考にするのに一番いいのは、教室の先生が彫っている様子を見るのが一番いいと私は思います。実演しているのとか、先生が彫って...

仏像彫刻を「うまくなろう」とかそんな気持ちでは彫刻はしていません。そういった技術的なことよりも、仏心をもつとか、悪いことしたらいけないな〜正直に生きるのがよいな〜という思いをこめて仏像を彫るほうがいいのではないかと思っています。仏像彫刻をするというのは、自分の心が洗われるから。仏像を彫っていると、心が洗われるような感じがします。禊(みそぎ)みたいな感じがします。ありがたみなどの感謝の心も湧いてきま...

仏像彫刻は、健康でないとできません。仏像彫刻をするためには、日々精進して健康にしておかいないと彫れない。だからこそ、仏像彫刻は健康管理にもつながると思います。仏像で、これが好きっていう種類は、とくにありません。どの仏像を彫っていても「感謝」の気持ちが湧いてきます。今日も仏像が彫れる健康があることへの「感謝」が沸き起こってきます。自分の心に対して間違ったことをしていないか。そのことをいつも思いながら...

私には3歳の孫がいます。その孫に、釈迦如来坐像を見せたところ、「このてて丸いな〜」と孫が言いました。八寸の釈迦如来坐像と6寸の釈迦如来坐像を向かい合わせにして、孫が、「ごめんなさい、ごめんなさい…」と、何度も何度もお辞儀をさせていました。釈迦如来坐像の言わんとしているところを、孫が釈迦如来坐像に代わって私に伝えてくれているようでした。その孫の姿を見て、たいへん感動しました。その孫の姿を見て、そっと...

page top