仏像彫刻教室の月謝はいくら?材料代は?

仏像彫刻と教室について

一ヶ月でいくらぐらいの月謝がかかるのか。

私の通っている仏像彫刻の教室は、月3回で、一ヶ月7000円です。材料代は別となります。

なにを彫るかによって材料代は違ってきます。

ある程度形づくってある材料というのは、たとえばこんな形のものです↓

ある程度形づくってある仏像彫刻の材料で数千円ぐらいから、木の大きさによっていろいろあるんじゃないでしょうか。

ある程度できている材料

(仏像っぽい絵が描いてありますね。これは下書きです^^自分で描きました。)

同じヒノキでも木曽は特別高いです。

木曽のヒノキは、とても柔らかく年輪の幅が狭いので、彫刻しやすい。細工がしやすい。

仏像を彫るための木は自費で購入することになります。

教室で販売されていることが多いのではないでしょうか。

材料代のなかでも木にはこだわりたいものです。質のいい木は彫りやすいが、値段が高くなっています。

私が一番彫りやすいと思っているのは木曽のヒノキです。木曽のヒノキは教室で販売していました。

木曽のヒノキが一番目が小さくて彫りやすいんです。ほんとに、彫っていて、やわらかいという感じがしました。普通のヒノキを買ってみて彫ってみたけど、目が粗くて固かったです。彫りにくいですね。固くて彫刻刀が入りにくいわけです。

元となる木という材料を購入したりとか彫刻刀をそろえたりなどのことは初心者にとってはハードルが高いです。

そういうときにオススメなのが仏像彫刻をするために必要な材料や彫刻刀などがセットになった入門用キットです。

「まずは始めてみる。」
このことが一番大切ですよね。

こちらの記事で仏像彫刻をするために必要なものがそろったキットを紹介しています。参考にしてください。

スポンサーリンク

コメント