四天王の一尊「広目天(こうもくてん)」を彫りました。

彫った仏像の写真ギャラリー

四天王の一尊「広目天(こうもくてん)」完成しました。

とくに目に気を使って彫りました。

広目天は、

「尋常でない眼、特殊な力を持った眼」さらに千里眼と拡大解釈され、広目と訳された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E7%9B%AE%E5%A4%A9
wikipediaより引用

とあるとおり目が特徴となっています。

ですので眼を彫るとき苦労しました。

千里眼ということで「遠くを見てるような目」にするところにこだわりましたね。

どうやって「遠くを見てるような目」に仕上げたのか。

コツは分からないんですが、なんとなく彫ることができました。

こういうふうにすれば「遠くを見てるような目」に彫ることができると具体的な説明できればいいんですが。

手に持っている巻物と筆は別で彫って、後から手に付けました。

広目天が踏んでいるのは邪鬼ですね。

広目天を彫るときに参考にした書籍

広目天を彫る時、以下の2冊の本に掲載されている写真を参考にして彫りました。

「奈良の寺〈16〉法華堂と戒壇院の塑像―東大寺」

「奈良の寺〈16〉法華堂と戒壇院の塑像―東大寺」の表紙の写真

四天王 (魅惑の仏像 6)

「四天王 (魅惑の仏像 6) 」の表紙の写真

コメント